動きやすさを追求しています。
仙台市で筋膜調整を行っているRootsの櫻井です。

筋膜が硬くならないように注意すること

について考えていきたいと思います。

長時間筋肉が伸びてしまう姿勢や筋肉の疲労を与える動作は筋膜に問題を起こしやすい状況になります。
例えば、猫背や、下を向いてスマホを長時間使用するというような姿勢は背中や首の後ろの筋膜を伸ばします。反対に身体の前面の筋膜が伸びにくくなっていきます。
パソコンなどのデスクワークで背中を丸め、顎を突き出しているような姿勢も背中と喉の筋膜を過度に伸ばし、腹部と首の後ろ側の筋膜を縮めますので注意が必要です。
ではどのように注意すればいいでしょうか。
同じ姿勢が長時間続かないように、小まめに姿勢を変えることや休憩を挟むことが大切です。
デスクワークでは机と椅子の距離を近くしたり、パソコンの位置を高くすることで良好な姿勢を保つ。
スマホの操作では、手の位置を上にあげて下を向きすぎないように注意しましょう。
姿勢を良くして筋膜を硬くしないように管理できることが理想です。

仕事などでどうしても同じ姿勢を長時間強いられることがあるかもしれません。
その際は姿勢を工夫したり、お身体のケア方法をお伝えします。

動きにくさを感じる。
姿勢を良くしたい!
もっと動きやすくなりたい!
仕事中も楽に過ごしたい!
疲労を軽減して仕事後も楽しく活動したい!

という方は筋膜調整でお役に立てるかもしれません。
一度ご相談ください。

========================

Physical manegement Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#仙台 #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース #姿勢改善