動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うRootsです。

シンスプリントについて今日もお話していきます!
昨日はシンスプリントになりやすい人の特徴として足の形状との関係をお話ししましたが、今日は関節の動く範囲とふくらはぎの大きさについてです。

シンスプリント発症と股関節が動ける範囲とふくらはぎの大きさの関係

Burne SG, Khan KM, Boudville PB, Mallet RJ, Newman PM, Steinman LJ, et al. Risk factors associated with exertional medial tibial pain: a 12 month prospective clinical study. British journal of sports medicine. 2004

結論: 男性の場合のみ、股関節の動きの範囲(内と外に捻る)が広いこと、ふくらはぎの太さが痩せているとシンスプリント発症の危険性が高くなるようです。
今回はどちらの性別においても、肥満指数、脚の長さの違い、足のタイプ、踵を見た時の足の角度、足を上に返す時の関節の動ける範囲、計測時から中敷きを使用していること、計測時からの走った合計時間、運動強度の変化には発症した人としなかった人の間で差は見られなかった。
ということでした。

空軍士官候補生を対象にデータを取り、結果を追っている研究です。
一般的な仕事とは異なりますが、運動量は普段からある程度あると思います。
股関節を捻る動きが広くできる方やふくらはぎが細い方はシンスプリントになりやすいということでした。
言い換えると関節が柔らかくて、筋力が弱かったりするとなりやすい可能性があるかもしれません。該当する方や繰り返し痛みが出てきてしまう方はケアを行っていただくと良いのではないでしょうか。

シンスプリントになる人は足のどこに多く体重がかかっているかについてもお伝えしているブログもありますので、ぜひご覧ください!

ルーツだからできること

症状が出ないためにどんなケアを行えばいいかがとても大切だと思います!
もちろん症状が出てしまったら、身体にはどんな特徴があるかを知って対応することが望ましいと思います!

シンスプリントで病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、負担の掛かりにくい動作に動き方の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#シンスプリント #すねの痛み #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース