動きやすさを追求しています。

宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜に施術を行うルーツの櫻井です。

先日はレントゲンなどには写らない腰痛の勉強会を行っていました。

今回はMRIなどでもわかる腰部脊柱管狭窄症のことをお伝えしていきます!

あなたも腰部脊柱管狭窄症の症状でお困りでしたらぜひご覧ください!

腰部脊柱管狭窄症の症状に筋膜調整をした結果

この方は以前から腰部脊柱管狭窄症の診断を受けていて、定期的に病院を受診していたそうです。

一時期は症状がありましたが、ここ最近は落ち着いてきたところでしたが症状が悪化。

腰と右殿部から太もも裏にかけて症状があり、脚の痛みが強く歩けない状態でした。

病院からもらった痛み止めなどを使いながら数日様子をみていたところ症状は少し落ち着いて杖で歩けるように。

主治医のところでMRIなどの検査の結果で手術を勧められました。

本人はやっぱり手術はしたくないということで、山形県からわざわざルーツにお越しいただきました!

薬を飲んでダメなら手術。

手術の前にできることがあるのではないかと考えますよね!

腰部脊柱管狭窄症はすぐに手術が必要な症状が無ければ、理学療法士による保存療法(リハビリ)が推奨されています。

ところがなかなかこういったリハビリをしっかりと受けられる場所がありません。

これは残念なことですね。

検査と施術から結果をご紹介

まずは施術前後の変化をご覧ください!

詳しく検査してみると、身体を後ろに反らせたときの痛みや症状がそこまで強くない。

むしろ左に身体を曲げる方が大変で腰にも症状が出ていました。

チェックしてみると腰だけではなく、太もも、ふくらはぎ、反対側の太ももまで筋膜の動きが悪くなっていました。

黄色が筋膜の動きが悪くなっているポイント、赤が症状のあるポイントです。
仙台で腰部脊柱管狭窄症で筋膜を整体するときのポイント
施術を行うと、結果は動画のように動きで痛みが出ることがなくなりました!

数日後は杖も外して歩かれているということを教えてもらいました!

今回のように腰からの症状であっても、腰以外の部分が関わっていることが頻繁にあります!

その後も調子良く過ごされているようなので、このまま手術をせずに過ごせるように管理していけると良いですね!

腰部脊柱管狭窄症で手術の前にしておきたい対策もありますのでご紹介しているようなケアも行ってもらうことがあります!

腰部脊柱管狭窄症の治療はどんなものを受けると良いかを書いたブログもありますので、お困りでしたらぜひご一読ください!

ルーツだからできる筋膜の整体

腰部脊柱管狭窄症が進行すると、足の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪いまたは尿が漏れる事もあります。

このような状態であれば早く病院を受診してもらうと良いでしょう。

しかしそうではない場合は、お身体を整えていくことでいい結果が得られることもあります!

筋膜を整えながら、腰だけに多く負担が掛からないように筋力を整えたり、神経の動きを引き出す運動を行っていくことが大切です!

あなたは病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りではありませんか?

早く症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!

お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================
Physical management Lab.Rootsは仙台で腰痛に筋膜を施術する整体です!

ご予約・無料相談はこちらからどうぞ!

#腰痛 #腰部脊柱管狭窄症 #慢性腰痛 #坐骨神経痛 #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース

↓↓↓メールでのご予約・無料相談↓↓↓