動きやすさを追求しています。
仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うRootsです。

先日ランナーの膝の前側に出る膝蓋大腿関節痛という痛みについてのお話をしました。今回は痛みがある時にはどんな運動が効果的かというお話です!
先日ご紹介した研究では、怪我をする前の股関節筋力の弱化が高校陸上競技選手の膝蓋大腿部痛(膝のお皿の下の部分に起こる痛み)の発症に関連している因子を調べていました。
股関節の筋力が関連しているのではないかということでした!
詳しくはリンクありますので、後ほど確認していただければと思います。
今回は、こちらの2014年の論文です。

膝蓋大腿関節痛がある女性の痛み、機能、動作の姿勢に及ぼす機能的安定化トレーニングの効果

Baldon Rde M, Serrao FV, Scattone Silva R, Piva SR. Effects of functional stabilization training on pain, function, and lower extremity biomechanics in women with patellofemoral pain: a randomized clinical trial. The Journal of orthopaedic and sports physical therapy. 2014 Apr;44(4):240-a8.
結論:股関節筋力強化と下肢運動および体幹運動の訓練からなる介入プログラムは、大腿四頭筋強化訓練単独と比較して、疼痛、身体機能、運動および筋力の改善においてより効果があった。
膝だけでなく、股関節や体幹もトレーニングした方がより良いということのようです!
詳しくみていきましょう!

対象と方法:31人の女性を機能的安定化トレーニング群と標準訓練群に無作為に分けた。1週間で3回の介入を8週間続けた。介入の終わりおよび介入後3カ月で痛みや機能、アライメントを再評価された。

結果:機能的安定化トレーニング群の患者は、標準トレーニング群の患者と比較して、介入の最後と3ヶ月のフォローアップ後のより大きな全身の改善感、身体機能の改善と痛みの軽減が得られた。
機能的安定化トレーニング群では、股関節外転筋と膝屈筋の強さだけでなく、訓練後に前部、後部、および側幹筋の耐久性が高かった。また片脚スクワットを行うと、体幹と下肢のアライメントの改善が示された。

ルーツでできること

このように膝前の痛みでは股関節も含めてトレーニングを行うことが良いようです!病院では膝を伸ばす練習や脚挙げ運動のみ指導されることが多いのではないでしょうか?この論文のようにもっと効果的な方法があるのではないかという情報があります!
ルーツでは近年良いと言われているように、股関節や体幹までしっかりとチェックしてケアの方法をご説明いたします!

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、トレーニングの見直しなどでお身体をケアしていくことでより早く痛みや機能を改善することにお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#膝の痛み #膝蓋大腿関節 #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース