動きやすさを追求しています。
仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うルーツです。

今回は変形性膝関節症の2016年の論文をみていきます。
変形性膝関節症は、滑膜、靱帯、腱、筋肉、軟骨および軟骨下骨などの組織に影響を与え、軟骨や骨棘形成を引き起こします。
結果的に関節痛、硬直および関節機能の制限をもたらし、患者の身体機能および生活の質に重大な影響を及ぼすと言われています。
研究で、代謝因子が変形性関節症の病因に大きく寄与することが明らかになっています。
いくつかの研究は、高血圧、2型糖尿病、および脂質異常症を含む、メタボリックシンドロームと変形性関節症の関連を支持されていたりします。
メタボリックシンドローム:
①ウエストサイズ 男性85cm以上 女性90cm以上
②中性脂肪値 150mg/dl以上 HDLコレステロール値 40mg/dl未満(いずれか、または両方)
③収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上 拡張期血圧(最低血圧)  85mmHg以上(いずれか、または両方)
④空腹時血糖値 110mg/dl以上

メタボリックシンドロームは、変形性膝関節症のリスクを高める

<参考文献>
Wang H, Cheng Y, Shao D, Chen J, Sang Y, Gui T, et al. Metabolic Syndrome Increases the Risk for Knee Osteoarthritis: A Meta-Analysis. Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM. 2016;2016:7242478.
本研究の目的は、メタボリックシンドロームと変形性膝関節症との関連を探ること。
メタボリックシンドロームで変形性膝関節症の方について言及している8つの論文から集めて調べていました。
結論:メタボリックシンドロームが、多くのリスク要因の調整後でさえも、変形性膝関節症のリスクを増加させるという証拠が得られています。
結果として、変形性膝関節症は異種の疾患であり、代謝因子はその病因に実質的に寄与するとのことでした。

ルーツでできること

変形性膝関節症の予防については以前の記事にもありますので、確認していただいて、加えて予防としてはメタボリックシンドロームを改善することも大切なようです!膝が気になるという方はメタボに注意してもらうと良いと思います。
ルーツではこのような予防についてもしっかりとアドバイスさせていただきます!症状の改善には生活習慣の見直しも必要な場合がありますので、確認していきましょう!なお、変形性膝関節症の治療でマッサージや電気、薬の処方で痛みの改善が思わしくない方は、筋力や筋膜の状態を膝だけでなく、足首、股関節、腹部などにも広げて確認することで問題が見つかることがあります!症状を改善するためにはその問題点に対して施術をすることが大切になっていきます!
症状でお悩みの方はお役に立てることがあるかもしれません!ぜひ一度ご相談ください!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#仙台市 #青葉区 #変形性膝関節症 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース