動きやすさを追求しています。
仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うRootsです。

今日は膝前の痛みの対処方法をご紹介します!
膝蓋大腿関節という膝の前側のお皿のところの痛みです。
昨日は膝前の痛みがある方のトレーニングをした方がいい場所についてお話ししました!今回は別な対処方法です!

女性ランナーの膝蓋大腿関節痛の治療に鏡を使った歩行再訓練の効果

Willy RW, Scholz JP, Davis IS. Mirror gait retraining for the treatment of patellofemoral pain in female runners. Clinical biomechanics (Bristol, Avon). 2012 Dec;27(10):1045-51.
結論:全身が映る鏡を使った歩行再訓練は、痛みや機能の改善に効果的であった。姿勢についてはスクワットや踏み降りの訓練されていない動作も膝が良い姿勢で、技能伝達はより高いレベルの運動学習が起こったことを示した。

少し詳しくみていきましょう。
対象と方法:膝蓋大腿関節の痛みがある週に10㎞以上走る10人の女性ランナーは、ランニングマシーンを歩き、脚の姿勢に関して鏡および口頭で指示をもらい8回練習をしました。最後の4回では、鏡と口頭の指示が徐々に減らされました。
股関節の力学は、トレーニング前と介入後に評価された。内容は、ランニング中の歩く格好、片脚スクワットと踏み降りの動作で評価された。練習後は、被験者は通常のランニングの頻度に戻り、再訓練後1ヶ月および3ヶ月に分析を繰り返した。データは、分散の反復測定分析によって分析した。
口頭の指示としては真っすぐに向けるようにというものや、お尻を締めてという内容のようです。

結果:被験者は、走行中の股関節の内転、対側の骨盤の低下量、股関節の外転モーメントを減少させた(P <0.05、効果の大きさ= 0.69-2.91)。片脚のスクワットおよび踏み降りへの技能伝達がみられた(P <0.05、効果サイズ= 0.91-1.35)。再訓練後1および3ヶ月で、ほとんどの力学は、継続的なフィードバックがない場合にも維持された。被験者は、疼痛および機能の改善を報告し(P <0.05、効果サイズ= 3.81-7.61)、再訓練後3ヶ月間維持した。

ルーツでできること

このように脚の姿勢に気を付けて練習するだけでも膝前の痛みが軽減したり、動き方の姿勢が良くなることが続くようです!
膝の前側の痛みでお困りの方はまずはお試しいただくと良いと思います!

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、動作方法の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#膝の痛み #膝蓋大腿関節 #ランナー #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース