動きやすさを追求しています。
仙台の整体で筋膜調整を行うRootsです。

腰痛と筋肉の関係を勉強していきます。

腰痛と大殿筋の大きさの関係

Amabile AH, Bolte JH, Richter SD. Atrophy of gluteus maximus among women with a history of chronic low back pain. PloS one. 2017;12(7):e0177008.
今回は特に慢性的に続く腰痛を経験したがことのある女性における大殿筋の萎縮についてです。
大殿筋はお尻にある筋肉で一番大きい筋肉です。
結果:過去に3か月以上続く腰痛を経験した群では、腰痛のない群より大殿筋が小さかったということでした。少し詳しく見ていきましょう。

目的:この研究の目的は、慢性的な腰痛がある人のグループと、腰痛がないグループにおいて、大臀筋部の断面積を比較することであった。
方法:この症例対照研究では、慢性的な腰痛の病歴がある女性患者36名および腰痛の病歴のない女性患者32名(40歳~69歳の方)について、CTスキャンで大殿筋の断面積を分析した。
結果:上記の通りで、慢性的な腰痛があった方では大殿筋の萎縮が見られたと報告された。

腰痛の中でも、過去に3か月以上続く腰痛を経験した女性では、お尻の筋肉が小さくなってしまっている可能性があります。筋力低下も起こっているかもしれません。股関節周りの筋肉が上手く使えないと前傾姿勢で腰痛が出てきたり、腰痛を繰り返すことがあるかもしれません。マッサージや関節調整をしてもすぐに効果が無くなってしまう方や、立ち仕事や歩くことが多い方などは筋力を確認する必要があるかもしれません。当施設では筋膜の調整で力を入れやすくしながら、筋肉バランスを整えていくことも行います。しっかりと力を入れやすいお身体にして、腰痛の改善や予防を行っていきましょう。力が入りにくい方で筋力が改善するととても身体が軽く感じられることがあり、すごく気持ちよくなります!腰痛が気になる方はぜひ一度ご相談ください!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#腰痛 #仙台 #整体 #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース