動きやすさを追求しています。
仙台で筋膜調整を行っているRootsです。

今回は腰痛の種類などについて理学療法の背部痛ガイドラインを参考にして勉強します。

腰痛の中でも危険なサイン

整形外科では医師による問診や診察に加えて、X線やMRI、CTなどの画像検査が行われることがあります。ここで原因が特定できたり、内臓由来の痛みやなど重篤な疾患が見つかることがあります。腰痛全体の15%と言われています。ということは残りの85%は致命的な腰痛ではないということになりましょうか。

15%の腰痛にはどんなサインがあるのでしょうか。
① 安静でも痛い。(横になっていても痛みが楽にならない)
② 熱がある。(特に夕方、微熱でも注意を要します)
③ 体調がすぐれない。(冷や汗、動悸、倦怠感など)
④ 最近理由も無く体重が減ってきた。
⑤ 癌や結核を患ったことがある。
⑥コントロールされていない糖尿病あるいは高血圧がある。
⑦ 鎮痛薬を1か月近く使用していても腰痛が良くならない。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などでは足の痛みやしびれなどの症状がある場合もあります。これらに該当する場合は一度整形外科などの病院で状況が悪化する前に診てもらうと安心かと思います。受診後、重篤な疾患ではないとなれば、安静は推奨されず、痛みに応じて活動を継続することが推奨されています。薬物療法(痛み止めなど)と保存療法(運動や徒手療法)を行うことになると思います。病院を受診しても、運動や徒手的な治療を受けられなかった方や、時間を取って運動を教えてほしいという方や身体を調整してほしいという方はお役に立てることがあるかもしれませんので、ぜひ一度ご相談ください。

問題ない腰痛であれば、腰痛の原因を調べて対処していくことが大切です!
腰痛が無い人の腰は正常なのでしょうか?ということがありますが、実はそんなこともないことが分かっています!腰の椎間板や関節に変形があっても痛みがない人が多く存在しているのです。症例としては、腰椎分離症で2年ほど腰痛が続く方です。

========================

Physical manegement Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#仙台 #Roots #整体 #腰痛 #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース