動きやすさを追求しています。
仙台市で筋膜調整を行うRoots櫻井です。

腰痛は多くの方が経験することと思います。今回の腰痛は骨折や腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、悪性腫瘍など、診断がつく以外の腰痛についてのお話になります。

腰痛になったら安静がいいか、活動を続けた方がいいか

ということですが、
活動を続けることが推奨されています。

Verbunt, J. A., et al. A new episode of low back pain: who relies on bed rest? Eur J Pain 2008 12(4): 508-516.

これを見てみると腰痛患者で安静期間がなかった群、安静期間が1-4日の群、安静期間が4日より多い群で3,6,9,12か月まで痛みや機能障害、心理的な部分を検査して評価しています。

その結果、痛みはどの群も差はなかったと報告されています。しかし、運動の外傷に対する恐怖心や痛みに対する破局的な思考、抑うつが上昇したと報告されました。さらに身体機能の障害が1年後でも続いていたと報告されています。ちなみに画像の赤い線です。









理学療法ガイドラインでも安静は推奨されていません。腰痛があっても痛みに応じて動ける範囲で動いてもらうことはとても大切なことと思います。心理的な因子は腰痛の回復を妨げる要因として言われています。痛みが慢性化しないようにお身体を管理していくことが大切です。

腰痛になったときに早く仕事復帰をしたい、腰痛で悩んでいる場合など個別の運動や徒手による施術が有効な場合があります。ぜひ一度ご相談ください。

========================

Physical manegement Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#仙台 #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース #腰痛 #Roots