動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うルーツの櫻井です。

腰痛の方をチェックするときに、大切にしていることがあります!

お腹周りをうまく使えていますか?

ということです。

お腹をうまく使えると空気の入った風船のような状態になります。

その状態を腹腔内圧が高まると言われています。

その風船の役割を今回もまたお伝えしたいと思います!

腰痛と仙腸関節のメカニクスや腹横筋の関係

Richardson CA,Snijders CJ,Hides JA, PhD,Damen L,Pas MS,Storm J.The Relation Between the Transversus Abdominis Muscles, Sacroiliac Joint Mechanics, and Low Back Pain.Spine.2002;27:399–405.
タイトル:腹横筋や仙腸関節のメカニクスと腰痛の関係

結論:腹横筋(お腹の奥の筋肉)に力を入れることは、一般的な腹部の運動パターン(お腹の外側の筋肉にも力を入れる)よりも仙腸関節のゆるさ(仙腸関節の硬直度の増加)を大きく低下させた。

腹横筋に力を入れると仙腸関節がより安定するということですね!

少し詳しくみて行きましょう!
13人のなにも症状の無い人たちで腹部筋の2つのパターンで実験を行いました。
1つ目は、腹横筋(多裂筋との共同収縮)に力を入れる。
2つ目は、すべてのお腹の外側の筋肉を使用したブレースアクション。
うつ伏せで筋電図記録。
そして超音波イメージングを使用して仙腸関節の弛緩値が記録されたということです。
その結果は腹横筋(お腹の奥の筋肉)に力を入れることは、一般的な腹部の運動パターン(お腹の外側の筋肉にも力を入れる)よりも仙腸関節のゆるさ(仙腸関節の硬直度の増加)を大きく低下させた。
ということでした!

ルーツでは仙腸関節由来の腰痛の方で、不安定なタイプの骨盤の方にはしっかりと力が入るように筋トレを行ってもらっています!

仙腸関節がゆるいままだと、マッサージや関節調整を行うだけでは、施術終了後にすぐに効果がなくなってしまうことがあるからです!

逆に特に触れることなく筋トレだけでも症状の軽減が得られることを良く経験しています!

お腹の筋肉を使えて、お腹の風船に空気の入った状態になると仙腸関節も安定して症状を軽減されるかもしれません!

ちなみに前回のブログは身体を前に傾けたときに腹腔内圧と腰の負担、筋力の関係についてお伝えしています。
腰痛のチェックポイント!お腹の力と体幹の安定性についてその記事はこちら。
お腹周りに力が入る大切さがわかります!

マッサージや関節調整を行ってもらってもまだ症状が残ってしまう場合は身体を支えられるだけの筋力があるかしっかりとチェックしてもらう必要があります!

あなたの腰痛はどんなタイプですか?

身体を支えるだけの筋力は十分ですか?

あなたのお腹の風船はうまく使えていますか?

ルーツだからできること

ルーツでは筋膜調整で動きやすいお身体を整えてから、効果的な運動もお伝えして、できるだけ早く効果を感じていただけるようにしています!

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などはルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================
Physical management Lab.Roots

ご予約・無料相談はこちらからどうぞ!

#腰痛 #慢性腰痛 #ぎっくり腰 #腰部脊柱管狭窄症 #腰椎分離症 #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース

腰痛を理解したい理学療法士の方へ

腰椎の検査をかけてどんなタイプの腰痛かをはっきりさせる自信はありますか?
オーストラリアで理学療法士をされている江戸先生にお越しいただき、クリニカルリーズニングを教えていただける絶好の機会があります!6月にオーストラリアからルーツに来ていただくことになっております!
勉強したい理学療法士の方はご連絡ください!
また、3月の須賀先生の勉強会に参加していただくと、江戸先生の内容もさらにわかりやすくなると思います!そしてこの論文のように自分で勉強できる方法を教えてもらえるので今後の伸びしろが増えていきます!気になる方はご確認ください!

ルーツは細い路地でも、一日20人が店の様子を覗かれていく気になるお店です

↓↓↓メールでのご予約・無料相談↓↓↓