動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うルーツです。

前回に続き、腰部脊柱管狭窄症についてですが、前回と別な対策も有効という研究があるのでご紹介していきます!

腰椎脊柱管狭窄の痛みや生活の質に対する安全で効果的なアプローチ

Murphy DR, Hurwitz EL, Gregory AA, Clary R. A non-surgical approach to the management of lumbar spinal stenosis: a prospective observational cohort study. BMC musculoskeletal disorders. 2006 Feb 23;7:16.
結論:関節調整と神経を動かすように身体の姿勢を取るような治療の併用は、腰部脊柱管狭窄症の患者さんにとって安全で効果的なアプローチである可能性があり、手術を検討する前にできる選択肢となる可能性がある。

少し詳しく見て行きましょう!
腰部脊柱管狭窄症の方が対象で、平均年齢65歳の57例に対してと運動療法などを平均13回行った。
生活の質の検査や痛みの検査を実施。平均16ヵ月の経過観察を行った。
有効なデータが得られたのは44人であった。

結果:生活の質の改善は66.7%の患者が認められた。
痛みは平均38.4%ほど減少し、自己評価に基づく症状改善率は75.6%であったと報告された。

研究として報告されているように腰部脊柱管狭窄症の方でできることは、関節調整に加えて、神経を動かす操作と運動を混ぜるということのようです!

このような治療は受けられていますでしょうか?

これらの治療に加えて、症状の対策として腰部脊柱管狭窄症にはどんな理学療法治療プログラムがいいかという記事も書いていますので、ご覧ください!

ルーツだからできること

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などはいらっしゃいませんか?
ルーツで関節調整(マニピュレーション)、神経を動かす操作(モビライゼーション)を行いながら、その上で筋力、関節が動く範囲を調べ、筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
このように行えることは沢山あります!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#腰部脊柱管狭窄症 #腰痛 #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース