動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うルーツです。

変形性膝関節症の方の筋力についてご紹介していきます!

変形性膝関節症の方には股関節の筋力低下が起こっている

Hinman RS, Hunt MA, Creaby MW, et al.: Hip muscle weakness in individuals with medial knee osteoarthritis. Arthritis Care Res 62: 1190-1193, 2010.
結論:変形性膝関節症の方は、なんともない方と比較して、股関節を曲げたり、後ろに伸ばしたり、横に動かしたり、捻ったりする筋力低下があったということです。

少し詳しくみていきましょう!

変形性膝関節症の患者さん89人のグループと50歳以上の23人のなんともない方のグループで、股関節の筋力が比較されました。
股関節を外側に開く、曲げる、伸ばす、内外に捻る動きの筋力を測定しました。
その結果、計測した股関節すべての筋力が低下していたようです。
グループ間の性別および年齢の差異を考慮した後、強さの低下は股関節を後ろに伸ばす筋力で16%、股関節を外側に開く筋力で27%の範囲であったと報告されています。

論文の考察には、股関節の筋力低下が変形性膝関節の発症に先行するのか、または結果として起こるのかは明らかではないとしています。
しかし、この研究の結果は、リハビリテーションプログラムに股関節を強化する運動を含めることを勧めています。

変形性膝関節症の痛みなどでお困りの方は股関節の運動は行われていますか?
膝関節の運動だけで痛みが残っている方には、股関節の筋力低下にも良い運動があります!

変形性膝関節症の症状をより早く改善するポイント
過去のブログでも書いているように理学療法士の手技による治療は運動を行うよりも早く症状を落ち着かせて、痛み止めなどの薬の量も少なくなるということがあります!
早く痛みを抑えたい方や運動では痛みがどうにもならなかった方はチェックしてみてください!

ルーツだからできること

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================
Physical management Lab.Roots

ご予約やお問い合わせはこちらからどうぞ!

#変形性膝関節症 #膝の痛み #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース

ルーツは細い路地でも、一日20人が店の様子を覗かれていく気になるお店です