仙台市青葉区の整体で変形性膝関節症の痛みいい筋トレを紹介

動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うルーツです。

変形性膝関節症のお話です!
運動は痛みなどの症状にいいというお話をしてきていますが、今日は運動の負荷の強さが効果に関係するかをみて行きます!

変形性膝関節症の筋トレで強い負荷と弱い負荷で効果に差はあるか

Jan MH, Lin JJ, Liau JJ, et al.: Investigation of clinical effects of high- and low-resistance training for patients with knee osteoarthritis: a randomized controlled trial. Phys Ther 88: 427-436, 2008.
タイトル:変形性膝関節症の患者に対する高負荷と低負荷訓練の臨床効果の検討:ランダム化比較試験

結論:弱い負荷でも強い負荷でも、痛み・身体機能・歩いたり階段昇降などにかかる時間・筋力(膝の曲げ伸ばし)の全てで同じような効果が認められたと報告されました。
弱い負荷でも強い負荷でも、同じように効果は得られるようです!

対象: 変形性膝関節症の患者さん102名に 週3回のトレーニングを8週間実施しました。
①運動を行わないグループ
②弱い負荷の筋トレ(およそ7-10㎏で10回×10セット) およそ30分間の時間で実施。
③強い負荷の筋トレ(およそ45-50㎏で8回×3セット) 片脚ずつレッグプレスマシンを使ってできるだけ大きく動かすように行う筋トレをおよそ50分間で実施。
筋トレのグループは筋トレ前に10分間のエアロバイク(自転車)でウォーミングアップを行い、運動後にはアイシングを行いました。
理学療法士によって2週間ごとに負荷の量は調整されました。

①-③の条件で痛み、身体機能、歩いたり階段昇降などの時間、筋力がどう変化するかを調査しました。

結論:弱い負荷でも強い負荷でも痛み・身体機能・歩いたり階段昇降などにかかる時間・筋力(膝の曲げ伸ばし)の全てで効果が認められたと報告されました。
   
強い運動の方がやりがいのある方はそちらでもいいかもしれませんし、そうでなければ弱い負荷でも痛みを抑えられるということがありますので、対象の方の長続きしそうな方法を選択されると良いと思います!
今回は8週間の運動ですから続けることが大切です!

変形性膝関節症の症状をより早く改善するポイント
過去のブログでも書いているように理学療法士の手技による治療は運動を行うよりも早く症状を落ち着かせて、痛み止めなどの薬の量も少なくなるということがあります!
早く痛みを抑えたい方や運動では痛みがどうにもならなかったからはチェックしてみてください!

変形性膝関節症の痛みや機能を改善するには理学療法士にお身体を検査してもらって必要な運動を紹介してもらうと効果的ということも言われています!

ルーツだからできる筋膜の整体

あなたは病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りではありませんか?

早く症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!

お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

変形性膝関節症でお困りの方に筋膜に整体をした結果を報告している記事があります!
ルーツだからできることが詰まっていますので、動画報告をぜひ見てみて下さい!

=====================
Physical management Lab.Roots

ご予約やお問い合わせはこちらからどうぞ!

#変形性膝関節症 #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース

ルーツは細い路地でも、一日20人が店の様子を覗かれていく気になるお店です

仙台の筋膜に施術を行う整体の内観
仙台の筋膜に施術を行う整体の内観2つめ
仙台の筋膜に施術を行う整体の内観3つめ

↓↓↓メールでのご予約・無料相談↓↓↓