動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うRootsです。

今回は変形性関節症の中でも膝と足首のことについて解説します。

膝と足首の変形性関節症と身体的なパフォーマンスとの関係

McDaniel G, Renner JB, Sloane R, Kraus VB. Association of knee and ankle osteoarthritis with physical performance. Osteoarthritis and cartilage. 2011 Jun;19(6):634-8.
この研究では、パフォーマンスを歩行速度と立っている時のバランステストで、膝関節と足関節の変形性関節症の重症度との関係性をみています。
結論:歩行速度が遅くなると膝関節の隙間が減っていることと関連し、立っているバランスが悪いと足首の関節の隙間が狭くなっていることと関連していた。
ということのようです!

思い出すと先日秋田県からお越しの膝痛の方も、歩く速さが3割くらい遅くなって…ということを訴えていました!
1回の施術後にはこわばり感が取れてきて、動きやすくなったからか歩く速さが戻った!と喜んでおられましたね!

以前担当した足首の変形性膝関節症の方は攣りやすいということをおっしゃる方や体幹のバランスが悪かった方も多くいらした印象でしたが、立っているところでは
バランスはあまりチェックしていませんでした。足首の筋膜(支帯)を治療すると立っているバランスが改善するという論文もあったように足首にはバランスとなにか関連は多くありそうです!実際に足は地面から多くの情報を受け取ってバランスを取ってますから。
捻挫後の足首の筋膜とバランスの関係のお話になりますが、以前ブログでもご紹介していますので、ぜひご覧ください!

ルーツだからできること

変形性足関節症で脚を攣りやすい方に筋膜調整したところ夜もつらなくなってよく眠れるようになったのよー!という方もいらっしゃいました!
足の痛みのある部分だけでなく、身体をしっかりとチェックすることで、足首の痛み以外にも、攣りにくくなったり、バランスが良くなったりといいことが多くありそうです!

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

変形性足関節症の方の筋肉と機能についても書いた記事がありますので、こちらもご覧ください!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#変形性足関節症 #変形性膝関節症 #痛み #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース