仙台市青葉区で変形性膝関節症に筋膜を調整する整体

動きやすさを追求しています。

宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うRootsの櫻井です。

今回は変形性膝関節症の痛みや機能を改善する運動をご紹介します。

膝の筋力を強化しておくことは変形性膝関節症の予防にもなりますので、運動を行うことが大切です!

予防に関しては以前の記事をご覧ください!

変形性膝関節症のための等速度の筋力強化

結論:筋力の改善は、等速度プログラムでは治療なしまたは等尺性運動よりも良好であったが、有酸素運動プログラムとの差はなかった。
同じ速度で関節を動かすような筋力トレーニングは、変形性膝関節症リハビリテーションの効果的な方法であり、痛みや機能改善に影響を与える。

つまり膝の関節を動かすような筋力トレーニングの方が効果的ですよということです!
膝を伸ばしたまま脚上げをする運動よりも、椅子に座りながら膝を伸ばすようにして関節を動かしても痛くなければこの運動を行う方が良さそうです!

<参考文献>
Coudeyre E, Jegu AG, Giustanini M, Marrel JP, Edouard P, Pereira B. Isokinetic muscle strengthening for knee osteoarthritis: A systematic review of randomized controlled trials with meta-analysis. Annals of physical and rehabilitation medicine. 2016 Jun;59(3):207-15.

少し詳しく見てみましょう。

同じ速度での運動は治療なしや、膝関節の動きが無い中で力を入れるような運動よりも効果的なようです!

有酸素運動とは同じくらいの効果が得られるようです。

有酸素運動がなかなか行えない場合などは同じ速度で膝を動かしながらの筋力トレーニングを実施すると痛みや身体機能の改善にはいいかと思われます!

理学療法士はリハビリ室で筋トレを行う場合に等速度運動も状態に応じて考慮すると良いかもしれません。

<文献2つ目>
van Baar ME, Dekker J, Oostendorp RA, Bijl D, Voorn TB, Lemmens JA, Bijlsma JW. The effectiveness of exercise therapy in patients with osteoarthritis of the hip or knee: a randomized clinical trial. J Rheumatol. 1998;25(12):2432-9.
この論文によると変形性関節症201人(股71人,膝+股10人,膝119人)の患者さんに理学療法士による個別に指導された運動療法(筋力トレーニング、ストレッチ、協調性運動など)は痛みと機能障害の改善に有効だった。
また、その効果は股関節症および膝関節症の両者において同等であったと報告されています。

理学療法士に個別に指導された運動がより効果があるようですね!

ルーツだからできること

このように筋力トレーニングは推奨されています!

加えて筋膜に対して施術することで、痛みの変化だけでなく、力を出しやすくなったり、関節のこわばりが減って来ることもあります!さらに関節調整をすることでも痛みが減ってくることもあります!

膝の痛みでお困りの方に筋膜調整を行った場合このようになりました!症例報告でご覧ください!

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りではありませんか?

症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!

お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#膝の痛み #変形性膝関節症 #変形性股関節症 #半月板損傷 #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース