動きやすさを追求しています。
仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うRootsです。

今回は膝の前の痛み(お皿の下)について女性アスリートに関してご紹介しますが、今回の内容はちょっと難しかったので、簡単にお伝えします。
膝蓋大腿関節痛のお話です。
Myer GD, Ford KR, Foss KD, Rauh MJ, Paterno MV, Hewett TE. A predictive model to estimate knee-abduction moment: implications for development of a clinically applicable patellofemoral pain screening tool in female athletes. Journal of athletic training. 2014 May-Jun;49(3):389-98.
膝の外転モーメントを評価するための予測モデル:女性運動選手における臨床的に適用可能な膝蓋大腿部の疼痛スクリーニングツールの開発への示唆

女性のアスリートで着陸の動作で膝が内側に入ると膝の前側の痛みのリスクが高いのではないかというお話です。
写真のインパクト大の骨モデルのように着地でこのように膝が内側に入る動きになると、良くないということでした!
皆さんの着地動作はどうなっていますでしょうか?

このような姿勢にならないように練習が必要なんです。
特に股関節や体幹、足部がちゃんと筋力発揮できますか?という状態を確認する必要があります。
個々の筋力が発揮されるように筋トレをするだけでなく、スポーツ動作に特有の動きでも練習する必要があります。
スクワットで膝が内側に入らないか、両足ジャンプ動作ではどうか?なども負荷量に合わせてチェックしていきます。
スポーツで行う動作でも膝が内側に入らなくなればOKです!
予防が大切ですから、痛みや怪我が起こりにくい状態になるようにしっかりとケアしていきましょう!

女性ランナーでは歩く姿勢も気を付けて膝を真っすぐ向けて歩いたり走ったりしましょう!

ルーツでできること

膝の前面が痛い方で、病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、スポーツ中の動作などの見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#仙台市 #青葉区 #整体 #膝前面痛 #膝蓋大腿関節痛 #膝の痛み #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース