動きやすさを追求しています。
仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うRootsです。

今日はランナーの膝の前側に出る膝蓋大腿関節痛という痛みについてのお話です。

股関節の強さと膝の痛みを高校生ランナーで調べた研究

Finnoff JT, Hall MM, Kyle K, Krause DA, Lai J, Smith J. Hip strength and knee pain in high school runners: a prospective study. PM & R : the journal of injury, function, and rehabilitation. 2011 Sep;3(9):792-801.

この研究では、怪我をする前の股関節筋力の弱化が高校陸上競技選手の膝蓋大腿部痛(膝のお皿の下の部分に起こる痛み)の発症に関連しているかどうかを前向きコホート研究で調べていました。

結論:シーズン前に股関節外転筋力がより強いもの(内転筋に関連して)、内旋筋力に対して外旋筋力が弱いもので膝前面痛を発症する傾向があった。
より高い股関節の外旋-内旋筋力の比は、膝前面痛の発症を防ぐことができるかもしれない。

詳しく見ていくと、高校生ランナーの股関節の筋力は、シーズンの初めに評価されています。
膝前の痛みがある選手で強度試験を繰り返した。ピーク股関節筋強度および強度比を、損傷した群と負傷していない群とで比較した。
結果:98人のうち、5人の6膝に膝前の痛みが発症した。発症者はシーズン終了後の測定で股関節外転筋力、外旋筋力低下がみられた。
ロジスティック回帰分析は、股関節外転強度のベースラインが高いこと(オッズ比= 5.35,95%信頼区間[CI] 1.46-19.53; P <.01)および外転と内転の強度比が減少すると受傷リスクを増加させることを実証した(オッズ比= 14.14、95%CI 0.90-221.06; P = .05)、シーズン前の股関節の内外旋強度の比が大きければ、傷害リスクが減少した(オッズ比<0.01,95%CI≦0.01,0.44; P = .02)。 ということです。

ルーツでできること

膝前面痛を予防することや、膝前面痛の方のチェックに股関節の筋力もしっかりと確認する必要があります!膝前面のマッサージや電気だけではランニングを再開したときに再発してしまうことも考えられます。ルーツで患部以外もしっかりとチェックして問題解決をしていきましょう!

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、フォームの見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================

Physical management Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#仙台市 #青葉区 #膝痛 #膝蓋大腿関節痛 #膝前面の痛み #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース