動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うルーツです。

変形性股関節症についてのお話です!
どんな症状が出ていたら対処すると進行を予防できる可能性があるのかをお伝えしていきます。
痛みが強くなる前にケアして行きましょう!

変形性股関節症の方でどんな症状が進行の因子となるか

Lievense AM, Koes BW, Verhaar JA, Bohnen AM, Bierma-Zeinstra SM. Prognosis of hip pain in general practice: a prospective followup study. Arthritis and rheumatism. 2007 Dec 15;57(8):1368-74.
結論:3年、6年後の変形性股関節症の症状が進行した方で多かった特徴は下記のものでした。

  • 60歳以上の年齢
  • 朝のこわばり
  • 鼠径部/ふとももの痛み
  • 股関節を後ろに伸ばす、内側に動かす範囲が小さくなっている
  • 股関節を後ろに伸ばす、内側に動かすと痛みを伴う
  • BMI30より多いこと
  • 変形性股関節症の進行している状態(Kellgren / Lawrenceグレード2以上)

当てはまる項目がある方は進行していく前に早めにケアされることをお勧めします!

ちょっと詳しくみて行きましょう!
対象:50歳以上の股関節に痛みのある患者。3年と6年後、股関節の痛みの進行を評価した。
合計224人の患者が含まれていた。
3年後29人(15%)の患者で変形性股関節症が進行し、23人(12%)が人工股関節置換術を受けた。
6年後45人(28%)の患者で変形性股関節症が進行し、36人(22%)が人工股関節置換術を受けた。

このように変形性股関節症が進行したり、人工関節を受けることになってしまったりします。

手術はできればしたくないというあなたはケアを行っていきましょう!

変形性股関節症で痛みのある方で特に気を付ける必要のある特徴

年齢や関節の形状などは変えられないので、朝のこわばり、関節の動きが小さくなってきた。関節を動かすと痛みが出てきた。BMI30より多いことに当てはまる場合は注意です!

特徴のある方は症状が進行しないように早めに対処すると良いかもしれません!

股関節の痛みを抑えたり、関節の動きを改善したりするには運動を行うことや、理学療法士による手の技術による治療も有効と言われています!
症状を抑えるために、痛み止めや湿布だけではなく、ぜひもう一歩踏み込んだケアをされることをお勧めします!
症状を抑えるための内容はブログにも書いておりますのでご覧ください!
変形性股関節症に有効なケア方法とは
変形性膝関節症の症状をより早く改善するポイント

変形性股関節症にルーツだからできる筋膜の整体

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、関節や筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================
Physical management Lab.Roots

ご予約やお問い合わせはこちらからどうぞ!

#変形性股関節症 #股関節の痛み #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース

ルーツは細い路地でも、一日20人が店の様子を覗かれていく気になるお店です

仙台の筋膜に施術を行う整体の内観
仙台の筋膜に施術を行う整体の内観2つめ
仙台の筋膜に施術を行う整体の内観3つめ