動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うルーツです。

前回は変形性股関節症の運動の効果について解説しました!
今回は、関節調整と運動のケアで効果の差はあるかをみていきます!

変形性股関節症の方に対して関節調整か運動のケアを行った時に効果の差はあるか

Hoeksma HL, Dekker J, Ronday HK, et al.: Comparison of manual therapy and exercise therapy in osteoarthritis of the hip: a randomized clinical trial. Arthritis Rheum 51: 722-729, 2004.
結論:変形性股関節症に対してトレーニングを受けた理学療法士が行う徒手療法(手による治療)は運動によるケアより、自覚的改善感、痛み、こわばり感、関節の動かせる範囲、股関節の機能、生活の質の改善効果が高かったという報告がなされた。

少し詳しくみていきましょう。
すべての患者を週に2回5週間治療し、合計9回の治療を行った。
徒手療法(手による手技):股関節周囲のストレッチ、股関節の牽引
運動のケア:筋力トレーニング、持久力トレーニング(歩くか自転車、プール)、バランストレーニング
歩行時の痛みや股関節の機能は6か月後もトレーニングを受けた理学療法士が行う徒手療法の方が改善していたということでした!

ルーツだからできること

痛みが出にくい身体作りと、痛みが出た時にしっかりとした技術でメンテナンスをしてもらうことが大切です!
痛みがある時に理学療法士による徒手療法で股関節周囲の調整は有効ということですね!

病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りの方や、症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!
お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================
Physical management Lab.Roots

ご予約やお問い合わせはこちらからどうぞ!

#変形性股関節症 #股関節の痛み #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース