動きやすさを追求しています。
仙台市で筋膜調整を行うRootsの櫻井です。


前回は足関節捻挫後に足関節支帯の変化についての論文をみてみました。今回はその続きを勉強します。



足関節捻挫後の足関節支帯に結合組織(筋膜も含む)への介入を行うとどうなるか


Stecco, A., et al. RMI study and clinical correlations of ankle retinacula damage and outcomes of ankle sprain. Surg Radiol Anat 2011.33(10): 881-890.
こちらの論文です。

足関節捻挫後の足関節支帯に焦点を当てた治療は、痛み、日常生活や重作業、およびバランスの安定性を改善する可能性があると考察されています!

詳しく見ていくと、目的は慢性足関節不安定症に関連した症状を緩和するための足関節支帯に焦点を当てた深い結合組織マッサージの有効性を検証したいということでした。

対象:足関節捻挫をしたことのある25人の患者をMRIによって評価し、足関節支帯の損傷を分析した。患者は少なくとも4ヶ月間(平均2.7年、4ヶ月〜7年の範囲)症状を示していた。損傷を有する患者は、2群に分けられた:群Aは足関節支帯の損傷のみ。B群は前距腓靭帯断裂または骨髄浮腫があるという条件。

評価:VAS(痛みの検査)、A self-assessed disability questionnaire略してCRTA(日常生活場面の様子と重作業をしたとき、歩行時の痛み、スポーツをしたときの状態などを検査するもの)、および重心動揺計で検査をした。すべての評価は、処置の終了後、1,3,6ヶ月に繰り返した。

介入:深部の結合組織のマッサージ(Fascial Manipulation technique)の治療を週に1回で3回の治療セッションを受けた。

結果:治療後、VASおよびCRTAの評価は、治療前の値に対して統計的に有意な値の低下を示した(p <0.0001)。また、重心動揺計の結果に有意な改善(p <0.05)があった。グループAとグループBとの間に有意差は見られなかった、最初の効果は、6か月の期間全体的に維持された。 考察:足関節支帯に焦点を当てた治療は、痛み、日常生活や重作業、およびバランスの安定性を改善する可能性がある。 この論文から捻挫したあと違和感や痛みなどが続く、日常生活やスポーツで足首が気になる方は足関節支帯に対しての介入が効果的である可能性があります!
捻挫後の足首の組織は全く元通りになるということではないようなので、ケアが大切になりそうです!
私も捻挫したことがあり、運動前には自分でケアをしてからサッカーを行うととても調子良くプレーができます!捻挫したことがあり、なんとかしたいなーという方は一度ご相談ください。

========================

Physical manegement Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#仙台 #青葉区 #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース #捻挫 #コンディショニング

↓↓↓メールでのご予約・無料相談↓↓↓