動きやすさを追求しています。
仙台の整体で筋膜調整を行うRootsです。

今回は腰椎分離症の方で腰痛持ちの方を施術しましたので報告します。
腰痛が無くても腰に変形がある場合も多くあることが分かっています!過去に腰椎分離症と診断されて、関節自体は分離している方ですが、変形があっても痛みが無い状態に管理していくことを目指します!

腰椎分離症を持ち2年前からの腰痛に対して筋膜調整―動画報告―

2年前くらいから腰痛があり、物を持ち上げたり、前屈みしていると今も痛みがあるということでした。
仕事で良く行う動作ということで、大変だったと思います。
しっかりと問診を行い、そこからどのポイントをチェックすべきか検討します。
行うと痛みのある動作や筋力や筋膜の状態をチェック、動作に関連する関節の動く範囲なども確認していきます。
検査の結果、今回は肋骨の下側の前側、太ももの前、腹部の前から施術し、殿部と腰の筋膜調整を順に行っていきました!腰痛でしたが、腰よりも身体の前側をしっかりと施術しなければいけない状態でした。

<施術結果>

施術後は股関節の筋力や関節の動きもしっかりと改善し、持ち上げる動作や前屈みでの動きも痛みがなくなりました!本人が考えている以上に身体を反らせすぎてバランスを崩していますね!
1回の施術で痛みがなくなっただけでなく、動作の不安感も無くなったとのことでした!
3日後でも「楽になっています」とご連絡をいただき、効果が持続していることを確認できました!

症状が治まったら次は再発予防!痛みが治まってからも大切!

この方は趣味でサッカーをされる方で分離症をお持ちですので、痛みがなくなったところで次は再発予防になり、腰部に負荷の掛かりにくい動作を獲得していただく必要があります。
特に腰椎分離症になったばかりであれば、分離症に至った原因を解決する必要があります。
例えば、過度に腰部だけ伸びてしまう状況は避けなければなりません。
ボールを蹴る場面で脚を後ろに引いた時に、股関節はよく後ろに動いているでしょうか?
腰椎が過度に伸展していませんでしょうか?
ヘディングの時に上半身はどのように使っているでしょうか?
スローインを担当する方であれば、手を挙げた時に肩や背中がしっかりと動いているでしょうか?
このような場所もサッカーに復帰する場合はチェックする必要があるかもしれません。
ちなみに水泳選手では、腕の動きと腰部の動き、脚の動きと腰部の動きなどもチェックします。
陸上選手であれば、どのようにハードルを越えますか?というところを動作分析していきます。
実際に競技中のフォームなど動画を一緒に分析することもあります。
このようにそれぞれの競技や仕事での姿勢を確認していくことが必要です!

~ルーツだからできること~

腰椎分離症では骨がくっつくような状態であれば安静期間があると思いますし、そうでなければ状態に応じて運動をしていくことになると思います。
大事なことは、骨がくっついていても、くっついていなくても痛みがなく身体を動かせることだと思います!
前職場の山形の病院で骨が分離してたままであっても、痛みが無い状態でスポーツや日常生活に復帰された方は多く経験していますので、そのように管理できるようにサポートしていきたいと思っています!
Rootsでは痛みを抑えていくことと、再発予防を行うことを同時に行っていくことが可能です。
中には腰に負担のかからない動作をできるようになった選手が記録を伸ばした方もいらっしゃいました!
怪我をしないフォームを手に入れることと、パフォーマンスの向上は関わっているかもしれません!
電気やマッサージだけではなかなか痛みが変わらない、早く良くなりたいという方は当施設でお役に立てることがあるかもしれませんので、ぜひ一度ご相談ください!

腰椎分離症とすべり症対策!長引く腰痛に対する効果的な運動という記事も書いていますので、症状でお困りのあなたにはお勧めの記事です!

=====================
Physical management Lab.Roots

ご予約・無料相談はこちらからどうぞ!

#腰椎分離症 #すべり症 #腰痛 #パフォーマンス向上 #予防 #仙台 #青葉区 #整体 #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース

ルーツは細い路地でも、一日20人が店の様子を覗かれていく気になるお店です

↓↓↓メールでのご予約・無料相談↓↓↓