動きやすさを追求しています。
宮城県仙台市青葉区の整体で筋膜調整を行うルーツの櫻井です。

今回はグロインペイン症候群の方を施術させていただきましたのでご報告させていただきます。

スポーツではサッカー選手に多く見られ、一度なると治りにくいことが特徴と言われています。

長谷部誠選手、中田英寿選手、中村俊輔選手なども発症して苦しんでいたそうです。

ランニングや起き上がり、キック動作など腹部に力を入れたときに鼠径部やその周辺に痛みが生じます。
仙台の整体でグロインペインに筋膜を施術するルーツ
公益社団法人 日本整形外科学会「鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)」

そんなグロインペインがなぜ治りにくいのかもヒントになることをお伝えしていきます!

仙台の整体でグロインペインでお困りの方が集まるルーツ

なかなか治らないグロインペインに筋膜から整体

掲載にあたりご本人に許可をいただいております。なお、効果には個人差があります。

一か月くらい前にあった試合の次の日から下腹部から恥骨部のあたりにかけて急に痛くなったということです。

スポーツに力を入れている整形外科でグロインペインと診断されて、週に2回リハビリを行っているということでした。

痛みが出てからリハビリを行っても運動量減らしても痛みの改善なく、不安になっています。

リハビリでの治療は電気や超音波、股関節周囲のストレッチや体幹の筋トレも行っていて、朝など1時間くらいかけて自分でのケアも行っていますが、1か月全く効果がなくお困りでした。

痛みはボール蹴った時(特にインステップ)、ダッシュ、ランニングでスピードを上げた時、急に止まった時、くしゃみでも痛い。

真っすぐ起き上がる時に腹筋に力が入ると痛く、頭を持ち上げたところですでに痛みが出ています。

10点が想像できる最も激しい痛み、0点が全然痛くないとしたら5点の痛みだそうです。

両脚を同時に脚を持ち上げると痛み強い。

圧痛なし。

もし下腹部の組織の損傷が起こっていたら、1か月後には痛みが少し減ってきてもおかしくはないのではないかと思います。

股関節や体幹のケアを行っても効果が無い場合は、その他の場所を探っていくことをお勧めします!

筋膜を検査と施術

グロインペインの症状がある場所のつながりを考慮して、どこの筋膜に問題があるか調べていきます!

すると図の黄色いポイントのように、股関節とは遠く離れた場所に筋膜の問題がたくさん見つかりました!
仙台の整体でグロインペインに強いルーツ

股関節や体幹はよくケアされているからか、柔らかくなっていました。

そのため股関節や腹部はそっとしておきます。

患部から離れていますが、問題がある部分からスタートです!

ガチガチに筋膜が硬くなっていた胸の部分の施術が一つずつ進んでいくたびに痛みが減っていきました!

最終的には動画のように起き上がりが楽にできるようになり、痛みは0.5くらいになっています!

両脚持ち上げると痛みが強かったのですが、それも痛みが減って、まだ痛みは残っていますがバタ足のように動かすことができるようになりました!

1か月症状に変化が無くお困りでしたが、初回からこのように変化を感じていただけました!!

他にも筋膜の問題が残っていますし、数日や1週間後の方が調子が良くなる方もいらっしゃるので、私も今後の変化が楽しみです!

グロインペインが治りにくいと言われる理由を考察

股関節や体幹のように患部だけに注目して治療を行うからグロインペインが治りにくいと言われているのではないでしょうか?

安静にしても症状が変わらない、患部の治療を受けているけれども、なかなか症状が変わらなくてお困りでしたら一度、筋膜調整を受けていただくことをお勧めいたします。

あなたは病院に行ったけれども湿布や注射、痛み止め、電気、マッサージなどでは効果があまり感じられなくてお困りではありませんか?

早く症状を改善していきたい方などは、ルーツで筋力、関節が動く範囲を調べ、筋肉や筋膜の状態を確認し調整することや、生活習慣の見直しなどでお身体をケアしていくことでお役に立てるかもしれません!

お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい!

=====================
Physical management Lab.Rootsは仙台の整体で股関節に筋膜を施術するルーツです!

ご予約・無料相談はこちらからどうぞ!

#グロインペイン #鼡径部痛 #恥骨の痛み #内転筋の痛み #股関節痛 #仙台市 #青葉区 #整体 #ルーツ #Roots #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース