動きやすさを追求しています。
仙台で筋膜調整を行うRootsの櫻井です。

今日も昨日の続きで、足底腱膜炎について勉強します。

足底腱膜炎治療のための股関節筋力増強と徒手療法の併用:ケースレポート

Santos BD, Correa LA, Teixeira Santos L, Filho NA, Lemos T, Nogueira LA. Combination of Hip Strengthening and Manipulative Therapy for the Treatment of Plantar Fasciitis: A Case Report. Journal of chiropractic medicine. 2016 Dec;15(4):310-3.
結果ですが、足底腱膜炎の方に股関節強化とMTの組み合わせにより足の痛みが改善されたという報告でした。
詳しく見ていきましょう。

対象:足底腱膜炎の44歳の患者は約1年間、踵の痛みを報告した。患者は、踵骨結節における足底の踵の痛みおよび圧痛があった。痛みは朝に最も顕著であったが、歩いて30分後に減少したという方。

方法:疼痛強度(NRS)、圧痛閾値(アルゴメトリー)、運動強度(OMNI Resistance Exercise Scale)の測定を行った。
その後、患者は3ヶ月間に渡って10回の股関節増強運動(股関節周囲)と徒手療法(足部の関節と神経のモビライゼーション、下腿の筋に筋筋膜の徒手療法)を受けた。治療後、痛みの強さと圧痛閾値が再評価された。

結果:患者は疼痛強度の改善を報告した(ベースラインスコア= 6vs最終スコア= 1)および疼痛閾値の上昇(初期スコア= 2.6対最終スコア= 7.1)を示した。運動強度はまた、股関節筋力トレーニング後に改善された(初期スコア= 10対最終スコア= 8)。

考察:足底筋膜炎の診断を受けた患者において、股関節筋力増強と徒手療法の組み合わせにより足の痛みが改善された。

このように1年間痛みが続く方でも、足のケアに加えて、足以外の部分についてもケアすると痛みに対して有効である可能性があります。足底腱膜炎でお悩みの方は筋肉バランス調整や筋膜調整でお役に立てることがあるかもしれませんので、ぜひ一度ご相談ください。

========================

Physical manegement Lab.Roots

ホームページ http://roots-sendai.com

#仙台 #整体 #Roots #足底腱膜炎 #筋膜調整 #理学療法士 #筋膜 #筋膜リリース